札幌 東区 東区役所前駅すぐにある歯科「前田歯科医院」 へインプラントのご相談を

〒065-0012 札幌市東区北12条東7丁目1-1ワコービル3F

月・水・金 9:30~19:00 / 火・木 9:00~18:00
土曜 最終受付12:00 日曜・祝日休診 契約駐車場隣接

ご予約・お問い合わせはこちら 011-711-6733 「ホームページ見た」と言ってください

インプラント

インプラント

前田歯科医院のインプラント治療は、 ⽇本先進インプラント医療学会AIM専⾨医の資格を持つドクターが 責任を持って担当いたします。

日本先進インプラント医療学会

インプラントとは?

インプラント治療とは、歯周病や虫歯で歯が抜けてしまった部分に、「インプラント」と呼ばれる金属の人工歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着することで、歯の機能を回復させる歯科治療です。歯を失うことは、食べ物が良く噛めない、うまく発音できない、食事を楽しめない、人前で自然に笑えない、老けて見えるなど、身体の問題ばかりでなく心の問題とも深く関っています。⼀度失ってしまった歯は、二度と元に戻りません。
しかし、インプラント治療なら、天然の歯とほとんど変わらない見た目や噛みごこちで、会話や食事を楽しむことができます。歯を失っても健康で快適に過ごすことをあきらめないでいられるよう、前田歯科医院ではインプラント治療を行っています。

インプラント手術の基本的な流れ

前田歯科医院式インプラント治療 患者様のための8つのこだわり

01 年間100症例以上の実績

前田歯科医院では、常に患者様に最善の治療をご提供するための研鑽を積み、日進月歩で進化し続ける最新の歯科医療技術の習得に励んでいます。
また、技術の向上はもちろん、人が人を診ることが前提として医療において、患者様への配慮を決して忘れることなく、治療を終えた患者様が心から笑顔で「前田歯科医院で治療を受けてよかった」と感じていただけるよう、最善の努力を続けています。いくら医師の技術が良くても、きちんとした理念や治療方針に基づいた治療を行わなければ、患者様は何を信じればよいか分からなくなってしまいます。そのようなことがないよう、当院では歯科医師と歯科衛生士が同じ治療方針を共有し、万全のチームワークで治療を行なうことができるので、治療途中で初診時に受けた治療説明とは違う治療があったり、治療期間が予定より伸びたりするようなことがなく円滑な治療運びが可能になります。当院では、常に良質で安全な治療法を追い求めてきた結果、技術が磨かれ多くの症例実績を挙げ、多くの患者様の笑顔を取り戻すことができました。しかしながら、これらの実績もまだ、数多くの歯に悩みを抱える患者様の数に比べれば、ほんの一握りにしかすぎません。より多くの患者様を救うためには、これまで習得した高度な技術を当院だけで活用するのではなく、学会やスタディグループ等で、多くの歯科医師と共有することで、ひとりでも多くの患者様を救えることを願っています。

02 安心の15年保証

インプラントのみ被せ物のみの施術も行います。
インプラント・被せ物のどちらかのみを施術した場合でも、施術した個所を15年保証いたします。

近年では、インプラントを埋入するだけであれば、どの歯科医院でも簡単に治療を受けることが可能です。しかし、歯科医師の技術はもちろん、徹底した定期メンテナンス、衛⽣管理、設備投資が必要となるため、生涯にわたり、インプラントを機能させ続けるという点においては、まだまだどの歯科医院でも完全に対応できるものではありません。

前田歯科医院では、インプラントを可能な限り長持ちさせていくための技術の研鑽だけでなく、インプラント治療を正確で安全なものにするための設備を整えております。そして、特に、インプラント周囲炎という病気に注意を払わなくてはならないため、インプラント手術後のメインテナンスが最も大切となります。

インプラント周囲炎は、歯周病と同じく、歯周病原性細菌によって起こる病気です。つまり、インプラント周囲炎を予防するためには、歯周病治療が前提となります。もし、治療しないで放置しておくと、周りの骨がなくなり、最終的にはご自身の歯と同様に、インプラントが抜け落ちてしまいます。症状は歯周病と類似していますが、見た目の炎症や腫れがあまりないにもかかわらず、病気の進行速度が天然歯に比べ10~20倍と非常に速いことが特徴です。

当院では、カスタムオーダーメイドの材料を利用し、治療後のメインテナンスまで配慮しております。また、万が一のことも考え、15年の保証体制も構築していますので、安心して治療に臨んでいただくことができます。インプラント治療を受ける上で、治療後のメインテナンス(インプラント周囲炎等)にどれだけ力を入れているかが、患者様のために大切になると私は考えます。

03 1ヶ月程度の短期集中型治療

一般的なインプラント治療では6ヵ月~1年、骨造成などが伴う複雑な治療であれば、1年以上もの治療期間が必要でした。また、総入れ歯の方のように、歯がすべて無い場合は、インプラントを10~14本も埋入しなくてはならず、術後の腫れも大きく、費用も非常に高額なものになっていました。

前田歯科医院では、新規・新体制により従来の半分である1ヶ月程度で治療が終了します。骨の状態によっては、さらに短期間での治療も可能で、遠方から通われる患者様も多くいらっしゃいます。

  • 「遠方から通院する関係で、なるべくなら1回で治療を終わらせてほしい」
  • 「大きな商談が控えているから、それまでに歯を綺麗に治したい」
  • 「来月結婚式なので今のうちに綺麗な歯にして、最高の笑顔で迎えたい」
  • 「急に海外転勤になり、それまでに悪いところを治しておきたい」
  • 「面接があるので綺麗な歯で精いっぱい頑張りたい」

04 国産・世界トップメーカー11社提携で低価格の実現

前田歯科医院では、国産・世界トップメーカー11種類のインプラントメーカーを取り扱っております。インプラントには、世界中に200種類以上ものメーカーが存在し、各インプラントメーカーが、メーカーごとに特徴や実績、術式や信頼性が異なり、それぞれ症状に対して一長一短の機能をもっております。当医院ではその中から最高レベルのメーカーを取り扱い、綿密な解析とシュミレーションを実施して適切なインプラント体を患者様の症状・ご予算に応じて選択しております。

当院は、シェアNO.1インプラントにこだわります

05 最新のマイクロスコープと歯科用CTの導入

  • マイクロスコープ

    マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入し、精度の高い診断と治療を行っております。肉眼の30倍で見えるため、歯科医療だけに限らず、脳外科、神経血管外科など医科の分野でも導入されています。当院では、インプラント治療を初め、必要に応じて、根管治療(歯内療法)などの様々な治療に使用しています。

  • 歯科用CT

    インプラント治療において、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握するため、歯科用CTを導入しております。事前に正確な骨の状態を把握し、リスクをできるだけ少なくするためには大切です。従来のレントゲンと比べ、精密で正確な診査と診断が可能になり、治療のクオリティーを高めるだけでなく、患者様の安全性にも配慮することが可能となりました。

06 静脈内鎮静法を使用し、できるだけ無痛状態での治療が可能

前田歯科医院では、「静脈内鎮静法」を取り入れ、眠っている状態とほぼ同じ状態でインプラント治療を行うことが可能です。歯科医院が苦手だった人や、不安のある方、治療にリスクが伴う人でも安心して治療を受けていただけます。 静脈内鎮静法は、腕の血管(静脈)に点滴で麻酔液を入れることで、5~10分程度で麻酔が効き始め、インプラント治療を行っている間は寝ている状態が続きます。ですので、手術中のことはほぼ覚えてない状態で治療を終えることができます。恐怖心や不安を取り除く効果や鎮静作用も期待できます。静脈鎮静法は、当院と医療連携している熟練した麻酔科医が担当します。

07 バイオニック社製最新インプラントシュミレーター「ビオナ」で安全性の向上

前田歯科医院では、「安全」「確実」なインプラント治療を行うため、インプラントシュミレーターを導入し、それらを実現しました。当院では、バイオニック(Bionic)社製の最新インプラントシュミレーター「ビオナ」(Biona)を導入しております。様々なインプラント学会にも出展され、注目を集めております。歯科用CTで撮影したデータを元に、顎の骨を3Dで表⽰するための解析ソフトで、世界初の技術を搭載した国産の高性能インプラントシュミレーターです。インプラント手術前に、シュミレーションを行いて、患者様ご自身の目で見ることが出来るため、より安心して治療を受けていただくことができます。

さらに、インプラントシュミレーター「ビオナ」(Biona)のデータを元に、患者様の歯や骨、歯ぐきなどのお口の状態を正確に反映した「サージカルガイド」と呼ばれる「型」(マウスピースのようなもの)を製作します。ひとつひとつが患者様のお口に合わせて作られるので、正確にインプラントを埋入するために、この型には穴が空いており、その穴にインプラントの土台を埋入するためのドリルを通すだけで、より精密にインプラント治療を行うことが出来ます。精密なデータを元に製作された型ですので、このインプラントシュミレーターとサージカルガイドを使用することが、より安全で確実なインプラント治療には欠かせないものとなっており、成功率が飛躍的に向上します。患者様の治療に対する恐怖や不安を取り除き、低リスク・低侵襲(できるだけ痛くない)の治療を進めることが大切との考えから、これらの導入により、さらに患者様への負担が少ない治療を提供できるようになりました。

08 安心のアフターケア

インプラントが生涯にわたって機能し続けるためには、インプラント治療後の定期メンテナンスが欠かせません。人工の歯ですので、ご自身の歯以上のケアが大切です。それを怠ってしまえば、短期間でインプラントは機能し続けることが難しくなり、またご自身の歯を失った時のように同じ道を繰り返し辿ることになってしまいます。

  • インプラントの汚れや歯石の付着による歯周病、インプラント歯周炎などのチェック
  • 噛み合わせが正しく機能しているかどうかのチェック
  • 口腔内全体のクリーニング(専任の歯科衛生士による歯のお掃除)
インプラント治療は、予防のためのひとつの選択肢に過ぎません。

歯を失ってしまった場合、治療の選択肢はインプラントだけに限りません。場合によっては、入れ歯やブリッジなどの選択肢もあります。それぞれの治療にそれぞれの特徴があるため、これから治療を受けられる患者様は、ひとつひとつの治療をよく理解し、ご自身に合った治療法と、ご自身の歯を二度と失わないための選択をしていただくことが大切だと考えております。
インプラントは治療は、歯を失った部分を補うための治療、他の歯を守るための治療です。当院では、インプラント治療に限った治療は行っておりません。患者様のお口の状態、噛み合わせや歯周病などを正確に把握し、患者様にもよくご理解いただいた上での治療が必要となるからです。

ブリッジ入れ歯との比較

部分的に歯を失った場合の治療⽅法として、インプラントの他には「入れ歯」や、失った歯の左右の歯を削って橋を架けるように人工の歯を被せる「ブリッジ」などがあります。 従来は入れ歯やブリッジといった残った他の歯に力や機能の分担をしてもらう方法が一般的でしたが、新たな方法として、周囲の歯を削る必要がなく自分の歯のように噛めるよう固定されるインプラント治療が知られてきました。 お口やお身体の健康状況、ご希望に合わせてお一人ごとの治療方法が異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

説明図長 所短 所

・違和感を感じることなく、
 自分の歯と同じように噛める

・健康な歯を削る必要がなく、
 自分の歯を残せる

・見た目の審美性が高く、
 天然⻭とほとんど変わらない

・手術が必要

・保険適⽤外のため、
 治療費が⾼くなることがある

・比較的、治療期間が長い

・比較的、治療期間が短い

・保険適用であれば⽐較的安価

・自費の材質によっては
 見た目がきれい

・硬いものが⾷べにくい

・食べ物が入れ歯に挟まると、
 むし歯の危険性が高まる

・保険適用の部分入れ歯の場合
 は、留め金が見えてしまい、
 見た目が良くない

・固定されるので、あまり違和
 感がない

・自費の材質によっては見た目が
 きれい

・治療期間が短い

・保険適用であれば比較的安価

・隣接する健康な歯を削らなければ
 ならない

・支えになる歯に大きな負担が
 かかる

・食べ物が歯肉との間に挟まると、
 むし歯の危険性が高まる

セカンドオピニオンの実施

症状に対し、治療方法が限定されることはありません。ある症例を複数の歯科医師が診断したとしても、患者様が選ぶ治療方法はひとつになりますが、実際にはいくつもの治療方法があります。歯科医師ひとりひとりにも考え方やスタンスがありますので、いずれの治療方法を患者様が選択するとしても、それぞれの治療方法のメリットやデメリットをよく理解し、ご自身に合った治療方法を選択することがベストです。そしてセカンドオピニオンを利用するにあたり、最も大切なことは、歯科医師の考え方やスタンスを聞くだけではなく、「その先生と長くお付き合いしていけるかどうか」なども直接ご自身で感じ取ることができます。

歯科医療は、歯科医師と患者様との信頼関係が非常に重要です。二人三脚で治療を行っていくためのセカンドオピニオンを利用することも大切な選択肢のひとつだと言えます。他院で治療をお断りされた患者様もまずはお気軽にご相談ください。

医院案内

診療内容

症状別にさがす

前田歯科医院

診療時間

9:00~12:00/
14:00~19:00//

受付時間 月・水・金 9:30~19:00 /
火・木 9:00~18:00 /
土曜 最終受付12:00 日曜・祝日休診

お問い合わせ

ご予約はお電話で 011-711-6733

ホームページを見たと言ってください

所在地

〒065-0012
札幌市東区北12条東7丁目1-1
ワコービル3F