札幌 東区 東区役所前駅すぐにある歯科「前田歯科医院」 へインプラントのご相談を

〒065-0012 札幌市東区北12条東7丁目1-1ワコービル3F

月・水・金 9:30~19:00 / 火・木 9:00~18:00
土曜 最終受付12:00 日曜・祝日休診 契約駐車場隣接

ご予約・お問い合わせはこちら 011-711-6733 「ホームページ見た」と言ってください

口腔外科・内科

口腔外科・内科

安全確実な「親知らずの抜歯」

前田歯科医院では、担当のドクターが日本口腔外科学会に所属しており、日々の研鑽によるクオリティの高い口腔外科治療が可能となっております。また、歯科用3DCT も医院に導入し、設備の充実にも力を入れて、安全で確実な抜歯を可能にしました。親知らずの抜歯には、簡単な処置で済む症例もあれば、外科治療を必要とする症例もあります。もちろん当院では、そのあらゆる症例に対応できる体制を整えておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

埋伏歯(まいふくし)

埋伏歯とは、歯の頭(歯冠)の全てまたは一部が、顎の骨や、歯肉の中に埋まって出ていない歯のことです。
歯全体が骨の中に完全に埋まっているものを「完全埋伏歯」と言い、歯冠の一部が見えているものを「半埋伏歯」または「不完全埋伏歯」と言います。埋伏歯をそのままにしていると、埋伏歯に歯が押されて歯並びが悪くなってしまったり、歯が生えてくるスペースが作れず、永久歯が生えてこれなかったり、のう胞の原因にもつながります。完全埋伏歯の場合、そのほとんどが自覚症状がなく、位置や方向の異常や、まれに症状のないまま埋伏歯の周りに嚢胞(膿の袋)を作り、

レントゲン撮影をした時にはじめて気付くというようなことがあります。半埋伏歯の場合、親知らずの周りの歯ぐきの細菌感染による炎症を周囲の歯や歯肉に生じます。炎症が顎や周囲の組織へ広がると、顔が腫れたり開口障害が出ることもあります。

親知らずの診断

埋伏歯の方向や周囲の組織の状態を確認するため、レントゲン撮影を行います。

親知らずの治療

埋伏歯は、特に問題が無ければ、そのままにするという判断になる場合もあります。しかし、噛み合わせや、周囲の歯や骨に悪影響のある場合は、抜歯となることがあります。抜歯は、炎症がみられる場合には、通常、抗生物質や消炎鎮痛剤を投与して炎症を抑えた後に行います。また、歯ぐきや骨の中に埋まった親知らずも超音波メスを使用することで、より安全に、素早く抜歯することができます。術後は、抗生物質の点滴により、腫れや痛みをできるだけ少なくすることが可能です。前田歯科医院では、静脈内鎮静法を導入し、出来る限り治療中の痛みを少なくし、治療に取り組んでおります。

鎮静療法によるできるだけ痛くない無痛治療

顎関節症(がくかんせつしょう)

あごが鳴る。口が大きく開かない。あごが痛む。
顎関節症(がくかんせつしょう)の三大症状です。

顎関節症の症状

  • あごが痛む
  • 口が大きく開けられない(開口障害)
  • あごを動かすと音がする(関節雑音)
  • 咬み合わせに違和感がある
  • 口を完全に閉じることが出来ない

というのが主な症状です。
一生の間、二人に一人は経験すると言われているほど多くの方が症状にかかっています。
顎関節の場合、耳のすぐ隣にあるために「音が気になる」という人がいます。しかしこの音を消すためには手術が必要になることから、世界的には「音だけであるなら手術すべきではなく、治療する必要はない」とされています。ですから顎関節症の症状が始まったとしても、痛みや口の開けにくさが一時的だったとか、音だけで他の症状がなければ治療の必要はないかもしれません。ちなみに、音だけであれば最低でも人口の20% 近くの人は顎関節の音を持つとされています。

医療機関に来院される患者さんでは女性が多く、年齢は10 歳代後半から増加しますが、20~30 歳代で最大になり、その後は年齢が増えるとともに来院する患者さんは減少します。

顎関節症の原因

以前はかみ合わせが主な原因と考えられていましたが、最近ではいろいろな要素が積み重なって発症すると考えられています。

  • 歯ぎしり
  • 精神的なストレス
  • 片側のみの咀嚼、頬杖をつく、うつ伏せ寝などの悪習癖

顎関節症の治療

治療は症状などに応じて様々な治療が行われています。

行動療法
片側のみの咀嚼、頬杖をつく、うつ伏せ寝などの悪習癖を改善する。
薬物療法
消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、抗不安薬などを使⽤する。
運動療法
筋肉のマッサージ、開口訓練などを行う。
スプリント療法
口腔内に装置(マウスピース)を使用する。様々なタイプがあり、顎関節の負担を軽減させことができる。
関節腔穿刺
イ、パンピング・マニピュレーション
  関節腔内に注射針を穿刺し、生理食塩水や局所麻酔薬を注入し、
  関節腔を洗浄して関節の可動域を拡大させる。

ロ、関節腔洗浄療法
  関節腔内に2 本の注射針を穿刺し、生理食塩水などで洗浄を行い疼痛を緩和させる。

ハ、関節鏡視下⼿術
  専用の関節鏡を関節腔内に穿刺し、関節腔の癒着を剥離させる。
手術療法
頑固な疼痛や強固な癒着、関節の変形などに対して行われるものだが、最近はあまり行われていない方法。

口腔粘膜の病気

「口内炎」から「癌」まで、多種多様な病気が口の中の粘膜にできます。
単なる口内炎だと思っていたけど、いっこうに治らないという話を良く耳にします。単なる口内炎だと思っても他の病気の可能性もありますので、専門医への受診をお勧めします。

口腔粘膜の病気の種類

口腔粘膜の病気の種類には、以下のような様々な疾患があります。

  • ・白板症
  • ・再発性アフタ
  • ・帯状疱疹
  • ・紅板症
  • ・扁平苔癬
  • ・手足口病
  • ・口腔カンジダ症
  • ・ヘルペス性口内炎
  • ・ヘルパンギーナ

口腔粘膜の病気の原因

口腔内に病変を発見しても、病変の原因は、

  • ・口腔内だけの場合
  • ・全身性疾患の一つの症状として現れる場合
  • ・皮膚の疾患と関連のある場合
  • ・先天性形態異常で生理的障害を示さないもの

などがあり、「重篤な全身疾患の初期症状」である場合や、「癌」などの場合もあるため、できるだけ早期に、専門医によるしっかりとした検査、診断が必要になります。

口腔粘膜の病気の治療

確実な診断を得るために、症状に応じた検査をして、その結果により、それぞれの病気に対する治療を行います。

舌痛症

舌に炎症や潰瘍などの明らかな病変がなく、舌の色も機能も正常なのに、舌に原因不明のヒリヒリ感、ピリピリ感、灼熱感などの痛みがでる病気です。中高年の女性に多く、食事中や何かに熱中している時は、特に痛みを感じないことが多いという特徴があります。

舌痛症の症状と原因

舌に特別異常が見受けられないのに、ヒリヒリ感、ピリピリ感のある痛みがでます。舌痛症の原因として、心因性の場合や、カンジダという真菌の一種(カビ)の場合があります。カビは口腔内には常在しますが、抵抗力が極端に落ちたり、抗生剤、ステロイド剤の長期間に及ぶ使用や、口腔内の乾燥などで口腔カンジダ症となります。

  • ・口腔粘膜の表面に白苔が存在して、その下面の粘膜が赤くただれている。
  • ・白苔がなく、表面の粘膜が赤くなり、舌の表面が平坦になっていて、ヒリヒリ感、ピリピリ感がある。

他の原因としては、鉄、亜鉛、ビタミンB12 の欠乏により、舌炎を発症して舌の表面が荒れ、痛みが出る場合もあります。

⾆痛症の検査

  • カンジダ

    細菌の培養検査
  • 微量金属や
    ビタミンの不⾜

    血液検査

舌痛症の治療

  • カンジダ菌が
    検出された

    抗真菌剤の投与
  • 微量金属や
    ビタミンの不足

    その物質を補充
  • 心因性

    抗うつ剤の投与

神経性疾患

顔面神経麻痺は、俗に顔面神経痛と呼ばれるものです。顔面神経が片側麻痺することで、顔が左右非対称になります。また、顔面部が突然激痛に襲われるという、三叉神経痛があります。いずれも専門医での受診が必要となります。

神経性疾患の症状と原因

・顔面神経麻痺
額のしわが消え、しわを寄せようとしてもできない、瞼を閉じようとすると白目の部分が見える、上瞼がたれる、口角が垂れる、口笛が吹けない、よだれが垂れるなどの症状が現れます。寒冷刺激、局所の循環障害、ウイルスの関与などが原因となります。また外傷や、中耳炎・顎関節の炎症・耳下腺などの炎症や、悪性腫瘍によっておこる場合もあります。最も頻度の高いものは「ベル麻痺」で、1型単純ヘルペスウイルス感染の関与が示唆されています。
・三叉神経痛
顔面や口腔の左右どちらかに痛みが現れ、三叉神経の三つの枝(眼神経、上顎神経、下顎神経)のどれが関与しているかによって痛む部分が異なります。「真性三叉神経痛」は、頭蓋内で三又神経が血管に圧迫されておこると考えられています。また、脳腫瘍が三叉神経を圧迫したり、癒着することによってもおこることがあります。一方、「症候性三又神経痛」は、歯や副鼻腔の炎症性病変が原因となります。

真性三叉神経痛では、突然電撃様の激しい痛みがみられるのが特徴で、痛みは短時間でおさまりますが、繰り返しておこります。帯状疱疹後の三叉神経痛では、顔に帯状疱疹が発症したことがある方は、後々になって、特発性三叉神経痛と同じような痛みが出てくることがあります。帯状疱疹は水ぼうそうのウイルスの親戚である帯状疱疹ウイルスによって起きる皮膚病です。水ぼうそうのような小さな水ぶくれがたくさんできた後、かさぶたになります。帯状疱疹のウイルスは、普段は神経にひそんでいて、あるとき神経に沿ってあばれだします。

その他に以下のことがあります。
  • ・副鼻腔炎という蓄膿のような病気からも顔の痛みが引き起こされます。
  • ・群発頭痛という病気でも、眼の周りや奥に激しい痛みが起きます。
  • ・舌咽神経痛は、三叉神経痛と同じような痛みがの喉の奥に起こります。耳の穴の奥の方や首の前面に痛みが走 るように出る場合もあります。

神経性疾患の治療

・顔面神経麻痺

  • ・星状神経節ロック
  • ・低周波などの理学療法
  • ・顔⾯神経開放術
  • ・神経吻合あるいは移植術

・ビタミン剤、循環改善剤、副腎皮質ステロイド薬、抗ウイルス薬の投与

・三叉神経痛

真性三叉神経痛では、抗けいれん薬のカルバマゼピン( テグレトール) が特効薬として知られています。また、頭蓋内における三叉神経の減圧手術( ジャネッタ手術) が脳神経外科において行なわれています。症候性三叉神経痛では、検査後、原因疾患の治療を行います。

口腔カンジダ

口腔カンジダは、主にカンジダ・アルビカンスという真菌(しんきん:かび)によっておこる口腔感染症です。急性型と慢性型があり、口腔粘膜の痛みや、味覚障害などが出ることもあります。専門医への受診が必要となります。

口腔カンジダの症状と原因

口腔カンジダ症の原因となっているカンジダ菌は、単独では非常に力が弱く、健康な人であれば、持っている免疫力でカンジダ菌の増殖が抑えられるため、発症はしません。しかし、口腔内の乾燥、衰弱などによる免疫力の低下、抗生物質やステロイド、免疫抑制剤、抗がん剤の 使用の増加や高齢化などにより発症します。また、近年では、発症者も増加傾向にあります。

  • ・抗生物質を長期にわたって内服している。
  • ・高齢になって身体が弱っている。
  • ・入れ歯を使用していて口腔内のケアがおざなりになっている。
  • ・唾液の量が少なく、口腔内が乾く。

このようなことが原因となり、口腔カンジダは発症しやすくなります。
そして以下のようなの症状は「口腔カンジダ」の疑いがあります。

  • ・口の中や下に白いものが発生している
  • ・舌がヒリヒリする
  • ・舌が赤く腫れている
  • ・味覚がおかしい
  • ・口の中がしみる
  • ・口の中が乾きやすい
  • ・入れ歯の装着部が痛い
  • ・唇の皮が剥けやすい
  • ・口角が切れて痛む
  • ・口の中が赤くただれている

⼝腔カンジダの治療

口腔内の清掃、抗真菌薬を含むうがい薬や塗り薬を使用しますが、時に抗真菌薬の内服を必要とすることもあります。

口臭

社会構造の変化と共に、口臭を訴える患者さんが増えているのは事実です。多くの場合は問題にならないことが多いのですが、その裏に原因となる大きな病気が存在することも希にあります。専門医への受診をお勧めします。

口臭の症状と原因

・歯周病

病気が進行すると歯ぐきからの出血に膿が混じってくるようになり、口臭もひどくなってきます。

・むし歯

むし歯は独特の臭いを持っています。食べかすや、むし歯の菌が、むし歯の穴の中にたまり、口臭の原因になり ます。むし歯が進行してくると強烈な臭いがします。

・歯垢

歯垢は、そのほとんどが細菌のかたまりです。長期間が経過すると歯石を作っていきます。

・歯石

歯石がたくさん付くようになると口臭もひどくなってきます。

・舌苔

体調が良くない時などに、舌の表面に白いものが付着することがあります。これは舌苔(ぜったい)と呼ばれ、歯垢と同じような細菌の固まりです。

・唾液の減少

唾液は、口の中を洗い流す作用、細菌の増殖を抑える作用、口の中の粘膜を保護する作用などがあり、口臭予防に大切なものです。唾液の分泌が少なくなると、むし歯や歯槽膿漏になったり、口の中が乾燥して口臭が強くなったりします。

・プラスチックの人口歯

義歯(入れ歯)のプラスチック部分は色やにおいを吸着し、一度吸着した色や臭いはなかなか取れません。

・かぶせた金属の腐食など

歯科用金属(かぶせもの、詰めもの)が古くなって穴が開いたり、すき間ができたりすると汚れがたまり易くなり、口臭の原因になっている場合が多いです。

・口腔癌

口の中の癌により口臭が発生することがあります。

・鼻やのどの病気

鼻は口とつながっているため、副鼻腔炎(蓄膿症)や咽頭炎、喉頭炎などの炎症があると、たんぱく質を含む
血液や膿が口の中に出てきて、口臭が起こります。

・その他呼吸器系の病気、消化器系の病気

全身症状が原因となって口臭が発生している場合、原因となる病気を診断して治療することで口臭は軽減されます。

口臭の治療

診察、検査、診断し、それぞれの原因に対して最も良いと考えられる治療を行います。
人それぞれに原因も異なるため、まずは受診し、原因を明らかにすることが大切になります。

症状でお悩みの方へ

口腔外科・口腔内科無料相談
治療を迷われている方、不安や疑問を抱えている方のために、治療相談を無料で行っております。どうぞお気軽にご相談ください。
お電話にてご予約ください

医院案内

診療内容

症状別にさがす

前田歯科医院

診療時間

9:00~12:00/
14:00~19:00//

受付時間 月・水・金 9:30~19:00 /
火・木 9:00~18:00 /
土曜 最終受付12:00 日曜・祝日休診

お問い合わせ

ご予約はお電話で 011-711-6733

ホームページを見たと言ってください

所在地

〒065-0012
札幌市東区北12条東7丁目1-1
ワコービル3F