札幌 東区 東区役所前駅すぐにある歯科「前田歯科医院」 へインプラントのご相談を

〒065-0012 札幌市東区北12条東7丁目1-1ワコービル3F

月・水・金 9:30~19:00 / 火・木 9:00~18:00
土曜 最終受付12:00 日曜・祝日休診 契約駐車場隣接

ご予約・お問い合わせはこちら 011-711-6733 「ホームページ見た」と言ってください

根の治療

根の治療

歯の根の治療

マイクロスコープを使用した根管治療(根の治療・神経の治療)

  • むし歯が進行し、それらが歯の神経(歯髄)まで達してしまった場合、むし歯菌が感染した神経を取り除き、根管(歯の根の部分・神経部分)を綺麗に洗浄してからかぶせ物をする治療を行います。根管は非常に複雑な構造になっており、正しい知識と技術が必要となります。

    正しい知識と技術を以って洗浄に取り組まないと、「痛み」や「腫れ」などの原因となり、「根尖病巣」という病気にもつながります。右の図の黒くなっている部分が神経の入っている管であり、このすべてを綺麗に洗浄する必要があります。

    一般的な根の治療を行う際は、肉眼でこの治療を行っていましたが、根の治療は、より精密で正確な作業を必要とするため、前田歯科医院では、歯科顕微鏡(マイクロスコープ)を利用し、しっかり目で確認しながらの治療が可能になります。
    マイクロスコープは、全国的にもまだまだ導入している歯科医院は少なく、治療部位を拡大する顕微鏡で、根管治療においては、しっかりと治療部位を確認し、成功率を上げるためには絶対に欠かすことができない機材になります。
    当院ではマイクロスコープを導入により、「抜歯」という最悪のシナリオを回避する確率が飛躍的に高まりました。根管治療においては肉眼よりも精密に「見えるか」「見えないか」が、治療を成功させるためには重要なポイントになります。

歯科用CTを使用した根管治療(根の治療・神経の治療)

歯科用CT(三次元)を利用することで、
デジタルレントゲン(二次元)では見えない部分まで精密に見て、確認することができます。

レントゲンでも根尖病巣が有るか無いかは判断が可能ですが、CTを利用することでレントゲンでは見えない部分も確認することができ、より一層精密な診査・診断、そして治療が可能になります。

ラバーダムを使用した根管治療(根の治療・神経の治療)

ラバーダムとは、治療する歯以外を薄いゴム製のシートで覆い、お口の中の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。ラバーダムを使用することで、様々な細菌が根の部分に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。

逆を言えば、ラバーダムを使用せずに行う根管治療は細菌感染の可能性が高まり、再治療の原因ともなります。根管治療でラバーダムを使用することは、医療先進国の欧米では必須の処置となりますが、日本で使用している歯科医院はまだまだ少なく、当院での根管治療にはラバーダムの使用が欠かせないものとなっております。

再感染のリスクを抑える根の充填

神経の管の中にある細菌を除去した後は、根管の先に薬を充填していきます。
充填の際にも、しっかりと衛生面に配慮しながら最新の機器と技術を使い、
再感染などのリスクを回避しながら治療を行います。

  • アピカルプラグの軟化
  • バックフィル

    加熱流動化した根管充填材を注入

  • 充填材注入完了

医院案内

診療内容

症状別にさがす

前田歯科医院

診療時間

9:00~12:00/
14:00~19:00//

受付時間 月・水・金 9:30~19:00 /
火・木 9:00~18:00 /
土曜 最終受付12:00 日曜・祝日休診

お問い合わせ

ご予約はお電話で 011-711-6733

ホームページを見たと言ってください

所在地

〒065-0012
札幌市東区北12条東7丁目1-1
ワコービル3F